理念

南房総の年間を通じた温暖で陽気な気候、内房・外房の2つの異なる海のもたらす恵、そして内陸に拡がる里山と森林資源、美しい花々、恵まれた海の幸、山の幸によって育まれてきた食文化、そして南房総に今に息づく暮らしの物語。

一般社団法人南房総健康ラボは、南房総のこれらの地域資源を活用して、科学的根拠に基づき、地域住民が健康になり、さらに人との交流を通して、来訪者の心と体の疲れを解きほぐし、健康増進に寄与するヘルスツーリズムを推進することによって、地域の健康づくり、観光振興、そして新たなヘルスケアビジネス創出し、南房総市の地域創生につながる事業を展開していくものである。

首都圏に近い特性を活かし、「すぐそこ!あったか、すこやか、おいしい笑顔。南房総」で過ごす滞在型旅行商品を提供し、地域の産品を活用し、地域経済の活性化を図り、健康で文化的な地域づくりを推進していく。

南房総の「潮風と森のささやき」によって癒され、元気になっていく南房総セラピーを具現化していく。

目標

一般社団法人南房総健康ラボでは、南房総の特色ある地域資源を活用し、健康増進に資するプログラムを開発し、提供していく。地域住民がそのプログラムで健康課題を解決し、健康なまちづくりが推進され、その健康で文化的なまちに、地域住民が誇りを持っていく。その健康プログラムに観光客が参加できる魅力的なヘルスツーリズム商品を開発していく。そして国の進めるヘルスツーリズム認証制度を獲得しヘルスツーリズムによる健康交流都市のブランド化を推進していく。

こういった健康プログラムを継続的に開発し、供給していくサービス・体制・組織を構築し、さらに、地域の関係諸団体と連携して、医科学的根拠を収集し、健康増進につながる食事メニューや体験プログラムを開発・提供できる受け皿となって、「南房総市型ヘルスツーリズム」の確立を目指す。

その結果、南房総市民の健康増進はもちろん、地域資源活用を活用した観光振興による経済効果拡大による雇用の創出、地域コミュニティの活性化、健康寿命延伸による医療費の抑制という一石三鳥の効果を地域に創出していくことを目標にしていく。