南房総セラピーとは、ドイツで親しまれている健康法「気候性地形療法(※)」に基づき、南房総の特色のある、恵まれた自然環境を活かした健康プログラムです。日本の最先端のヘルスツーリズムのしくみを作り上げたNPO法人熊野で健康ラボの『熊野メソッド』を取り入れた科学的根拠に基づいています。

その健康プログラムによって、南房総の新たな魅力を提供し、有機的に組み合わせることで、地域住民そして訪れる人のココロとカラダを癒し、蘇らせる無限のエネルギーを提供していくことを目指しております。

 

南房総セラピーでは、「ここちよい」サービスを提供することを目標に、徹底した安全管理と健康効果を学び、自然環境を最大限活かし、五感を刺激する南房総セラピーガイドがインストラクターを務め、提携したホテル・旅館・飲食店が健康効果の高い食事や安眠、そして居心地のよいサービスを提供していきます。

◆健康の3つの要素は、「運動」「栄養」「休養」。南房総セラピーでは、この3つの要素を満たすプログラムを提供していきます。

◆南房総セラピーでは、気候性地形療法を取り入れ、気候の4要素を体感し南房総の自然の恵みから健康増進につなげていきます。

  1. 清浄な空気・・・気管疾患改善、アレルギー改善
  2. 可視光線・・・体内リズムを整える、睡眠ホルモン生成(深い睡眠)
  3. 冷気と風(冷刺激)・・・持久力強化、免疫システムの改善、血液循環機能アップ体温調整機能アップ
  4. 太陽光(適度な紫外線)・・・ビタミンD活性(骨形成)、皮膚炎改善、気分の改善

◆南房総セラピーでは、エネルギーの源になる旬の地産地消のヘルシー料理を提供していく塩分やカロリー、PFCバランスに配慮して、ダイエットや糖尿病、健康づくり、スポーツ栄養に効果的な食を提供していきます。

南房総の健康長寿につながってきた地域の食の物語を大切にして、身土不二の考え方をもとにしたメニューを提供していきます。

※地形性気候療法とは自分の体力にあったスピードで気候の4つの要素を活用し、疾病を治療するほか、健康増進のために森や山の中の傾斜地、海辺などを歩くことで、持久力を強化するものです。